プロフィール

想い

――――――――――――――――――+

日本文化”和食”を取り戻し、
誰もが健康で幸せな毎日を送れる社会へ

+――――――――――――――――――

『和食』のある食卓を囲み
科学的根拠のある現代栄養学に基づいた
健康生活を広めるべく、

フリーランス管理栄養士・
和食ライフスタイリストとして活動しています。

日本で生まれ育った私にとって、
当たり前に毎日口にしてきた和食。

20歳の頃、初めての海外経験となった
イギリス留学中に通った料理教室の
栄養士兼料理研究家の先生に、

「世界中を探しても、和食のような
栄養バランスが取れる料理って少ないんだよ!

和食は、脂質の摂取量が少なく、
炭水化物・タンパク質ともバランスが取れている食文化。

それに比べて
私たちの国は、肉がメインの食文化。
脂肪の摂取が多いことが一つの要因で肥満に繋がり、
そこから様々な生活習慣病になる方が途絶えません。

”和食”という、
せっかく素晴らしい文化を持っているのに、
日本人で食べる人が少なくなっていて、
生活習慣病が増えているのってもったいないわよ。」

と言われた言葉が離れません。

「ハッ!」と大きな衝撃を
受けたことを鮮明に覚えています。

その出来事が、
自国のかけがえのない食文化である
”和食”の魅力を教えてくれ、
私が伝えていこうと決めたきっかけでした。

繊細な味付け、
四季にあった旬の食材、
栄養バランスの取れた一汁三菜…
日本人のおもてなし文化や、
日本列島の特徴を生かした日本独自の料理である和食。

「そんなに海外からも評価されていたんだ・・・!」
と、日本を飛び出して初めて気が付きました。

しかし、

若い世代の人に和食のイメージを聞いてみると、

「時間がかかる」「難しそう」「地味」

という、ネガティブな言葉が出てくる印象です。

長い歴史や文化があり、
海外からも高く評価をされているのに
今、和食の文化は危機にさらされています。

和食がUNESCOの
無形文化遺産として登録されたということには、

「後世に残すべく、
守っていかなくてはならない
世界に認められた大切な文化である。」
という意味があります。

それなのに、どうでしょうか?

あまりにもこの状況に
危機感を持っている方が少ないのではないでしょうか。

自然環境の変化や健康問題、
ライフスタイルの変化、家族のあり方など、

現代社会の問題とリンクして
和食がない生活習慣へと変わりつつあります。

「このままではいけない!!!
和食を次世代に継承し、
日本の文化を守っていかなれけば!!!」

一念発起した私は、
今まで食べ物自体に興味がなかったにも関わらず、
帰国後、本気で和食について学び始めました。

正直、
食材の切り方や調味料の使い方さえ知らなかった私は、
初め、何度和食を作っても美味しくできませんでした。

でも、試行錯誤する中で、
和食調理の「コツ」は調理科学で
解決できることを知ったり、

自身も仕事をしながら時短で
和食を作る方法を見出したり、

今ではレシピを見ずに短時間で美味しく、
冷蔵庫にある食材でパパッと和食を作れるようになりました。

実は、和食は
一度コツを掴んでしまえば、
簡単にうまく作れるようになれるのです!

基本ができるようになれば、
応用料理もできるし、
レパートリーも自分で考えて増やすことができます。

コツを知って、
和食を好きになってほしい。
身近にある料理として、作れるようになってほしい。

これから先もずっと、
和食の魅力が伝わるように
活動していきたいと思いました。

私が伝える和食は、
「時間がかかる」「難しそう」「地味」
というネガティブなイメージを払拭する、

うまッ!はやッ!ヘルシーッ!でスタイリッシュな和食。

和食をベースとしたお料理を通じて、
美味しさ、時短、栄養バランスが整う、
毎日の食生活を進化させる

"1アイディア"のある調理技術を
みっちりお伝えします。

◆料理の基本を1からマスター!
 和食調理の「コツ(調理科学)」を学んで
 美味しい料理もレシピなしで作れるようになる♩

◇忙しい毎日でも、時短料理の考え方を学んで
 仕事帰りの45分で一汁三菜が作れるようになる♩

◆現代栄養学を1から学び、
 健康的な身体づくりを和食で
 プロデュースできるようになる♩

スタイリッシュな和食を通して、
幸せになれるお手伝いができれば嬉しいです+

フリーランス管理栄養士
和食ライフスタイリストmarie

経歴

兵庫県出身。
近畿大学農学部にて栄養学を専攻し、管理栄養士を取得。

20歳の頃、
人生で初めて訪れた海外留学先のロンドンで、

今まで当たり前に食べていた *和食*の美味しさ、
そして自国の料理がある素晴らしさに気がつき、

和食に強く興味を持つ。

その後、イタリア、韓国など
世界各地での料理留学を通して、

海外の家庭料理を学ぶ中で、
様々な視点から和食の魅力を再発見し、

それを広く伝えるべく、
働く女性でも簡単に作れる和食レシピを開発するなど、
和食の研究をし続けている。

大学卒業後は、大手食品メーカーにて、
お弁当・おにぎりの商品開発・マーケティングを務めた後に独立。

おいしい和食の基本、時短、栄養バランスが整う、
驚きの"1アイデア"のあるレシピから卒業する和食料理教室を主宰。
そのほか、商品開発・レシピ開発、セミナー講師、コラム執筆、メディア出演などでも活躍中。