みなさん、こんばんは!

今日のテーマは、毎日忙しい方であれば
知りたい!と思う内容ではないでしょうか?

それもそのはず。

実際に残業が多いOLさんのお悩みだからです。

「洗い物が多いとめんどくさくて、
 料理も作る気にならない…。」

「片付けをしなくて良いから、
 外食で済ましてしまう…。」

と思われる方は、
今日からできる簡単な3つのポイントをお伝えするので、
取り入れてみてはいかがでしょうか。

■まとめて同じ作業をする

※ここで言う作業とは、
 カットや茹でるなどの下処理のことです。

読んで字のごとくなのですが、
まとめてカットをしたり、
まとめて下ゆでをしたりすることです。

例えば、
10種類の野菜を買って、
2種類の野菜を使い5品の料理を作ることを
想像してみてください。

2種類の野菜をカットして下ゆでして1品作る、
を5回繰り返して作る場合と、

10種類の野菜をカットして
下ゆでが必要な野菜を一気に下ゆでして、
5品作る場合と、

どちらの場合が洗い物が少なくて済むでしょうか?

…明らかに後者ですよね。

もしその日に5品食べない場合でも、
下ゆでした段階で冷凍保存すれば、
必要な時に取り出して料理をすることができますよ♪

たった、「まとめて作業」をするだけで
こんなにも簡単に洗い物が少なくて済むなんて、
楽チンですよね〜〜( ^∀^)!

■保存袋を活用する

続いては、保存袋の活用の仕方です。

「どのように活用するのか?」と言うことですが、

混ぜるとき、漬け込むとき、和えるとき、など
ボウルの代わりにビニル袋で代用したり、

冷蔵保存・冷凍保存する時に
ビニル袋やジップロップに入れたりします( ^∀^)!

わざわざ容器を洗う手間が省けますし、
場所もとられませんので、収納上手にもなれますよ♪

特にジップロップの場合は、
洗ってなんども活用すればエコにもなります。

考えれば当たり前のことなんですが、
実際にみなさんはできていますか?

情報が溢れている世の中、
情報を「知っている」方は多いですが、
「実践している」方は少ないですよね。

この実践する、と言うことがかなりポイントです。

最近、保存容器ばかり洗っているな、
と言う方は特に考えてみてはいかがでしょうか。

■火にかけられる器を活用する

最後に、器の材質についてです。

プラスティックの器や陶器を
使っている方が多いのではないでしょうか?

テーブルに置くときのこと
だけを考えると良いのですが、

それだと調理したフライパンや
鍋を洗わないといけないですよね。

コンロの火にかけたり、
オーブントースターで温めることができて、
そのまま食卓に出してもオシャレになるような

ホーロー容器や
鉄製のミニフライパンなどがオススメです♪

少し重たいのはネックかもしれませんが、
フライパンとして活用してそのまま食卓に置けるので、
調理器具の洗い物が減るのです!

調理器具は大きくて洗うのも大変なので、
一つ減るだけで、かなり楽になりますよ♪

°+ーーーーーーーーーーーーーーーーーー+°

洗い物は毎日することなので、
一つでも洗うものが減るだけで、
1年間を通すと、
負担の軽減や時間の短縮にも繋がります。

ここでお話しした3つのポイントは
難しいことは一切ないので、
ぜひ生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

°+ーーーーーーーーーーーーーーーーーー+°

メルマガ読者さまのみ
体験レッスンをご案内しています!

ご興味をお持ちいただいた場合は、
下記よりご登録してご案内をお待ちください^^

↓下記をクリック

Follow me!

おすすめの記事