みなさん、こんにちは!
大阪・兵庫を中心に活動中の、
和食ライフスタイリストmarieです。

 

ロールキャベツ風ロール白菜♪

 

「料理の基本」という
料理本を買ったのに、

美味しく作れない方は
意外と多いのではないでしょうか?

 

かくゆう、私も、そうでした。

 

今本屋さんに入れば、
たっくさ〜んの「料理本」があります。

 

「料理の基本」一つとっても、
数十冊はありますよね。

 

全ての本を読み漁ってみると、
だいたい書かれている内容は同じ。

 

ともすれば、
そのまま行えば、
うまくできるはず!!!

 

 

なのに、、、あれ?

 

 

おかしいな??

 

 

ちゃんと手順通りに
行っているのに、
なぜだか美味しくない・・。

 

レシピ通り作ったのに。。。

 

 

そう、
ここが
ワナなのです。

 

 

「レシピ通り」に作る、という行為。

 

 

「いやいや、
レシピ通りに作ったら
美味しくできるから、
書籍を出版しているのでしょ?
レシピ通りに作って、何が悪いの?」

と思われる方も多いと思います。

 

 

が、

レシピと同じ
コンロの火の大きさで調理していますか?

 

レシピと同じ
火力で調理していますか?

 

レシピと同じ
フライパンや鍋を使っていますか?

 

 

「そこまで知らない。」
「そこまで考えたことがない。」

そんな答えが聞こえてきそうです。

 

 

でも、

問うた内容は、
美味しく調理をする上で、
めちゃめちゃ重要なんですよ!!

 

よくテレビに出ている調理人の方々が、

「数十年この鍋を使っています。」
「創業以来このフライパンを使っています。」

ということを
おっしゃっていることが多いのですが、
本当に美味しさに関わってくるんですよね。

 

 

少しコンロの火の大きさが異なるだけで、

味は変わる。

 

少し火力が異なるだけで、

味は変わる。

 

使う鍋やフライパンの種類が異なるだけで、

味は変わる。

 

 

 

だから、
作る人によって、
料理の味が全然ちがう。

 

 

そこが料理の面白さの
醍醐味でもありますが(^○^)

 

 

なので、
レシピ本通りに作っても、
同じように美味しく作れないのは、

 

手順だけ真似しても
他の要因によって美味しく作れない、

 

言い換えれば、
手順を真似しなくても、
他の要因を押さえて入れば
美味しく作れる!

ということです♪

 

°+ーーーーーーーーーーーーーーーーーー+°

メルマガ読者さまのみ
体験レッスンをご案内しています!

ご興味をお持ちいただいた場合は、
下記よりご登録してご案内をお待ちください^^

↓下記をクリック

Follow me!

おすすめの記事